2020年9月8日

暴言を吐かれネガティブに…それでもほめ言葉には「ありがとう」と伝えると決意した漫画に共感の嵐

ほめられて嬉しい気持ちを大事にしたいね!
4

Twitterユーザーのありま(@arimama_umauma)さんは、知らない人からの暴言をきっかけにネガティブになっていた自分が、ほめ言葉を素直に受け取るようになった経緯を漫画にした。心ない言葉に傷ついてきた人たちから、共感や感動の声が相次いでいる。

漫画1枚目
知らない人の暴言に自信をくじかれた思い出
漫画2枚目
ほめ言葉を素直に受け取れなくなってしまった
漫画3枚目
趣味までできなくなっていたありまさん

「かわいい」と言われて育ってきたありまさんは、高校1年生の時に知らないおじさんから「ブス」となじられ衝撃を受けた。それからというもの、人にほめられても頭の中では「調子に乗んなよ」「勘違いすんなよ」というおじさんの言葉が聞こえるようになり、趣味も楽しめなくなってしまった。

しかしその後、ほめてくれる人の気持ちを考えてみたありまさんに変化が訪れる。

▷次ページ:ほめてくれる人も、自分のことも大切にしなきゃ!

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。