2

Twitterユーザーのえみりー(@kurikanpi)さんの息子さんが作った「ママを救う」マシーンが話題になっている。

6年分もの献立を作ってくれるマシーン
開発の経緯
マシーンを使って献立被りゼロ!

毎日の献立を考えるのが大変という投稿者のために、小学5年生の息子さんが自由研究で作ってくれたのは、「主菜×副菜A×副菜B」の組み合わせを2197通り作れるスロットマシーン。約6年分の夕飯を考える手間を省く大発明だ。

投稿を見たTwitterユーザーからは「これは天才」「日本一センスを感じる自由研究!! 」「絶対プログラミング教えた方がいいです」などの声があがった。

実用的でありながら、何よりもお母さんへの思いやりとやさしさにあふれた自由研究。息子さんの将来が楽しみだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?