1

編集者のヒーシー・ルイ✒︎連載中『ゆるやかな性』(@heshelaay)さんは東京・井の頭公園にある「井の頭池」の様子を撮影した動画をTwitterに投稿した。池の水の透明度は高く、美しい緑色に染まった大量の水草が発生している。まるでモネの名画『睡蓮』のうちの一枚のようだ。

このような「モネ感」をかもし出す池になったのは理由がある。東京都では2016年に生態系の回復と水質改善のため「かいぼり」を複数回行った。その結果、井の頭池では絶滅したとされていた「イノカシラフラスコモ」という水草の発芽が確認できたのだ。2016年6月の東京都からの発表によると、井の頭池では野生の水草が復活したのは約60年ぶりのことだったという。

発芽が確認されてから3年経ち、現在は藻が育って美しい池になった。

夜でもわかる濃い緑


画像を見たTwitterユーザーからは「ミレーの『オフィーリア』に描かれている藻にも似てる」「かいぼりってこんなに効果あるんだね!」など、貴重な水草の復活を喜ぶ声が集まっていた。

「かいぼり」は数年に一度、ボランティアが集まり行われているという。その成果が現れ、モネの絵のような美しい池になったことはうれしいことだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

トゥギャッチ @togech_jp 2019年6月7日
ここでスケッチしたらまた名画が生まれるかも…。
夜行ぬえ(誤字マン) @yagyou 2019年6月11日
togech_jp 既に歌川広重の井の頭の池弁天の社という名画がありますです~。って、モネが日本画を真似たんだからこっちが先か……