2018年8月2日

「夏休み中は家事が大変、余計なお金もかかる!」小学生ママの夏休みはストレスいっぱいなことが明らかに

そうめんはゆでるのも暑すぎてつらいんです
0

 楽天グループで使える割引クーポンやさまざまな特典が受けられる無料プログラム「楽天ママ割」では、幼稚園・小学生の子どもを持つ20代~40代の女性を対象に「子どもの夏休み中の日常生活」に関する意識調査を行い、結果を発表した。

 子どもが夏休みに入る直前からすでに疲れ果てている…ということで夏休みを乗り切るノウハウの話Togetterでも話題になっているが、やはりそうだったかと思わず納得してしまう結果となっている。

夏休み中は家事が大変になり、余計なお金がかかり、宿題や勉強が大変

  主な調査結果を見ていくと、7割以上(74.0%)のママが、「子どもの夏休み中の日常生活における悩みがある」と回答していた。内容は、1位「家事が大変になる(69.3%)」、2位「余計なお金がかかる(58.1%)」、3位「子どもの宿題・勉強について(52.7%)」で、どれも50%を超えている。

「夏休み中、普段よりも最も大変になる家事」の第一位は「子どもの夏休み中、食事の準備で困ることがある」で、81.3%のママが回答した。

 理由としては「メニューを考えるのが大変」「メニューがマンネリになる」「何度も用意するのが大変」といったものが挙がっている。また、夏休みによく作るメニューのTOP3として「そうめん」「チャーハン」「やきそば」が続いた。

「普段より多く外食するか」という質問には「普段よりする」が4割弱(37.3%)、「普段と変わらない」が約6割(58.8%)という結果に。また「普段より多くする」と答えたママの6割以上が、「週1回以上外食している」と回答していた。

自由研究や読書感想文は「何をしたらいいのかわからない」

 夏休み、特に大変な宿題について質問すると、1位「自由研究系」、2位「読書感想文」、3位「自由に作る図画工作系」の宿題が挙がった。理由として、自由研究では「何をしたらいいのかわからない」「大人が手伝わないといけない」などの悩みが、読書感想文では「子どものやる気がでない」「どうやって書けばいいのかわからない」という悩みが上位に上がっている。

あったらいいな…「レトルトや冷凍食品」「自由研究キット」 

 「夏休み中にあったらいいなと思うもの」を質問したところ、1位は「レトルト、冷凍などの食品(67.3%) 」、2位は「自由研究や工作キット(59.5%)」。おもちゃでは、ゲーム以外のものが「あったら便利だ」と思うママが3割以上(36.5%)いた。

 夏休みのお悩み第1位である“家事”に関する「食品」、お悩み第3位の”宿題“に関する「キット」が、「あったら便利な商品」の1位と2位になり、悩みを解決できる商品がママたちに求められていることがよくわかる。

また、7割のママが「普段よりもストレスが多い」と回答していることもわかった。

 1ヶ月と少しある夏休み。世の中のお母さんたちにとっては長く辛い日々になっている。悩みを解決できる工作キットなどを活用し、なんとか乗り切っていただきたい。

【調査概要】
標  題  :  「子どもの夏休み中の日常生活」に関する意識調査
調査主体  :  楽天ママ割
調査期間  :  2018年7月5日(木)~6日(金)
調査方法  :  インターネット調査
調査対象  :計400名(幼稚園、小学生の子どもを持つ20代~40代の女性 計400名)
      (※子の年齢ごと、ママの世代ごとに均等割付)/地域:全国
調査機関  :  楽天リサーチ

 

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?