0

 レストランなどで店頭に置かれる食品サンプル。本物の料理そっくりのサンプルを見ていると、食欲がわいてくるかも…。

 現在Twitter上では、3歳の子どもが作った食品サンプル(?)が注目されている。

 紹介されているのは、じっくりと熟成させた生ハム…に見えるのだが、実は粘土で作ったものだという。皿に盛り付けられていたら、うっかり手をつけてしまいそうなクオリティだ。

 Twitterユーザーからは「イベリコ豚の生ハムみたい」「食品サンプルの業者が泣く」「素晴らしい再現力」と称賛する声が多くあがった。

 ちなみに、その後はほかの粘土と混ぜられてしまったそうだ…。もったいないが、新たな作品を生み出すための貴重な犠牲なのかもしれない。次はどんなものができあがるのか期待したい。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?