2017年5月23日

まるで博物館!? 子どもたちが耳や鼻に入れた異物を美しく飾る耳鼻科を発見

こんなものまで?
1

 子どもはいつ何時、どんなことをしでかすのか予想できないもの。お子さんがいる家庭では、子どもの想定外の行動に振り回される経験が少なくないだろう。

 現在Twitter上では、そんな子どもの突拍子もない行動を象徴するようなものが注目を浴びている。

 ある耳鼻科で飾られているのはなんと、子どもたちが耳や鼻に入れてしまったという異物。BB弾やビーズ、どんぐりなど入れたら痛そうなものが並んでいるが、好奇心に負けてしまったのだろうか…。

 Twitterユーザーからは、「同志よ」と共感する声のほか、「息子はペレット、弟はダンゴムシを入れていた」「友人がミクロマンの頭部が鼻に入って耳鼻科に行った」「マリオのファイヤーボールを鼻の穴の中に入れてピンセットで取られた」など自分や周辺の人が似たような経験をしたという報告も多く寄せられた。

 耳や鼻に異物を入れてしまう行動は、意外にも多くの人が経験しているようだが、あなたにも似たような経験はあるだろうか? また、もしお子さんがこのようなことをしてしまったら、すぐさま耳鼻科に連れて行ってほしい。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?