2021年9月1日

イタリア・世界最古の薬局「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」大量の花で飾られた天井が気絶するほど美しい

画像からいい香りがしてきそうです
0

イタリア・フィレンツェ在住でトスカーナ観光ガイドのTOMOKO(@easyfirenze)さんがTwitterに投稿した、フィレンツェの「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の現在の様子を写した写真が話題になっている。

天井一面に大量のドライフラワーが吊るされており、建物の荘厳な雰囲気に華やかさが増している。「薬局」とは思えない佇まいだ。

TOMOKOさんによると吹き抜けの天井の高さは5.4m,普通の家の2倍あるという
香りがしてきそうなドライフラワー
オーデコロンが並んだ店内も格調高い

この建物はフィレンツェにあるサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局。1221年にフィレンツェに移住してきたドミニコ修道僧たちが教会で薬草を栽培し、薬剤を調合していたのが始まりで、これが「世界最古の薬局」と言われるゆえん。

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局では香水やオーデコロン、ポプリ、石鹸類などが販売されている。日本にも複数の大手デパート内に店舗があり、香りや品質の高さから世界中にファンがいる薬局だ。

画像を投稿したTOMOKOさんによれば、普段はこうした装飾はなく、この夏初めて登場したということなので、これはかなりレアな状況だろう。

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の建物や様子についてTOMOKOさんに詳細を聞いてみた。

お店の建物はとても大きそうですが、どのくらいの広さでしょうか。

商品を販売しているお店部分は、3部屋で1部屋60-80㎡ぐらいでしょうか。建物全体となるとティールームや礼拝堂など一般客が入れる場所は先程の3部屋を合わせてざっと440㎡ぐらい、そこに博物館※を加えると全部で1000㎡くらいでしょうか。もしかしたら事務所などもあるのでもっと広いかもしれません。

※博物館…石鹸の製造道具など、薬局の歴史に関わる展示物がある博物館が併設されている(入場は有料、要予約)。

商品のラインナップは日本と同じでしょうか。

日本の店舗と変わりありません。現地の人も香水や、薬草をベースにした商品を購入しているようです。

TOMOKOさんがYouTubeで紹介している動画では、店内をより詳しく見ることができる。

日頃からフィレンツェの様子を投稿しており、9月末にはオンラインツアー(有料)を開催するという。サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の博物館も紹介予定とのことだ。いつか現地に足を運ぶ夢を見つつ、少しでもイタリアの雰囲気を楽しみたい人はTOMOKOさんのTwitterをフォローしてみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?