2021年2月10日

トゥギャッチ編集部選「お前よくぞそんな写真撮ってたな選手権」

トゥギャッチ初の読者投稿企画の結果発表です!
0

栄えある大賞は「やや閲覧注意」な1枚

噛めば噛むほどじんわり味わい深い写真が集まる中、栄えある大賞に輝いたのは「やや閲覧注意」な1枚

さっそく写真を見ていただきたいところだが、この話には虫さんが登場する。なので、苦手な方のためにこの場はいったんイラスト(トゥギャッチ編集部作)で紹介することにした。まずはストーリーをお楽しみいただきたい。

洗面所の排水口の中で鳴いてるセミ

投稿者の九龍@ヤキソバン・ナイン・ドラゴン@kaorun_blue_eye)の家は、真夏の夜になると「むしむし大行進」というほど虫さんたちが大量に集まるという。

ある朝、九龍さんは台所の方でセミの羽音を聞いた。しかし、音はすれども姿は一向に見えない。

とりあえず顔洗おうと洗面台の蛇口を捻ったところ『ジジっジジジジ…バタバタバタ!!』 大暴れの音がしました。

思わず頭抱えてしゃがみ込んだンですけど、頭の上じゃない…水止める。水流す『ジジっ』え?まさか…まさか……

九龍さんが排水溝の中をのぞいた時の衝撃は、想像に難くない。しかし、九龍さんは果敢にも、セミさん救出作戦を決意!

セミ救出作戦は難航を極めまして…排水口の穴が小さいため指でつまむ事ができず、さらに排水用の横穴に頭部がガッツリはまりこんでいて1度横へ水平移動してから引き上げないと救出途中で頭部がモゲる…

そしてその頭部は一生ここに残る訳ですね…そんなのイヤァァァ

苦慮した九龍さんは、箸をもって格闘。30分後、そこには見事生還したセミの姿が。

よくぞそんな所に入り込んで一晩生きてたなーって感じです。しかも水責めにもしちゃったのに…ヾ(・ω・`;)ノ ゴメンネ

救出後は外廊下の手すりに滑り止めのキッチンペーパーごと干しておいたら飛んで行ったみたいです。どこかで天寿を全う出来てたらいいですね。

いい。最高にいい。シチュエーションのレアさ、背景ストーリーの面白さ、投稿者の勇気と徳の高さの3つが揃ってパーフェクト。私がセミだったら、後日人に化けて九龍さんに恩を返しに行くと思う。

まさしく、「お前よくぞそんなもん撮ってたな選手権」大賞にふさわしい1枚だ。

投稿された実際の写真は、次ページに掲載する。虫が大丈夫な方は、ぜひ見ていただきたい。

衝撃的な絵だが、救出されたあとの写真がまたとても素敵なのだ。

感謝感激雨あられ

こうして、トゥギャッチ初の読者参加型企画は大盛況のもと幕を閉じた。

初の試みだから「応募3件くらいしかなかったらどうしよう」と若干心配していたが、皆さん企画の趣旨に見事に沿った絶妙なラインの名写真を投稿してくださって嬉しかった。投稿者の皆さまには心より感謝申し上げたい。

大賞に選ばれた九龍さんには、セミに代わってトゥギャッチ編集部よりお礼のカニをお届けする。副賞に選ばれた方々にも、別途DMより連絡差し上げるので、しばしお待ちいただきたい。

トゥギャッチ編集部では今後も読者参加型企画を実施していく所存なので、次回以降もぜひ奮って参加いただきたい。

次ページ:大賞に選ばれたセミさんの写真(リアル)はこちらから!※いきなりかなりインパクトがあります