0

 すでにエサは与えたはずなのに、あたかも「お腹すいた」というような鳴き声でもう一度エサをもらおうとする演技派の猫さんは多く、エサのあげすぎを防ぎたい飼い主さんの悩みのタネとなっている。そこで、蜂本(@hachimoto8)さんのお父さんが猫用食器に残したメモがナイスなアイデアだとTwitter上で話題となった。

 メモには似顔絵とともに「エサあげました、だまされないで」と書き残してある。エサをもらえなかった猫さんは「腑に落ちない」といった表情だ。

 投稿を見たTwitterユーザーからは「極悪で吹いた」「父上の画力!そっくり」といった共感の声や「うちの犬も同じことする」と、犬でも「エサの二重取り」を企むという話も上がっていた。

 猫さんの演技が注目されたが、蜂本さんは「賢くて内気でやさしい猫」だと弁解している。

 また、エサのやりすぎ防止対策として「エサの缶詰めをお皿に出す、猫専用フォークを洗い場にわざと残す」といったアイデアもあがっていた。お困りの飼い主さんは試してみては。

※この記事のツイートは蜂本(@hachimoto8)さんの許可をいただいて掲載しました。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?