1

 「保護猫」とは、様々な理由で飼い主を失った猫を、ボランティア団体などが保護した猫のこと。保護猫の「ごっこ太郎」を家に迎えたワカコ(@wakakos)さんが、その暮らしぶりをツイートしている。

 ワカコさんのツイートによれば、ごっこ太郎は「たぶんおじさん」という年齢の猫。一日目はカゴから出しても部屋の隅にいたため、電源を切ったこたつの中に誘導してあげたそう。しかしその後、こたつの中で用を足してしまったことも。彼の緊張を解くのは簡単ではないとわかる出来事だ。

 しかししばらく経つとその緊張も解け、好きな時にご飯を食べてごろ寝するように。新しい家での生活にだんだん慣れてきている様子がわかる。

 ごっこ太郎は「にんげんみたいな寝方」も好きなようで、掛け布団をかけられて寝ている顔はとても穏やかだ。

 どのツイートにも、ごっこ太郎に対するワカコさんの視線の優しさが感じられる。Twitterユーザーからは「かわいい、もふもふしてきたね」「猫への愛情が溢れているなあ」という感想が寄せられた。

 動物に安心感を持ってもらうことは簡単なようで難しい。何より動物への愛情が大事とあらためて強く思えるワカコさんのツイートまとめは随時更新されているようなので、ぜひチェックしてみて欲しい。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?