0

 昨日、30年ぶりに公式戦の歴代連勝最多記録を29に更新した14歳の最年少棋士・藤井聡太四段。対局ごとに、たくさんの報道陣が対局室に押し寄せてきている。

 現在Twitter上では、対局室で撮られた1枚の写真が話題となっている。

 撮影したのは、フリーライターで将棋ネット中継記者の松本博文さん(@mtmtlife)。将棋公式戦記録の29連勝をかけた対局を前に、藤井四段の背後から撮られたもの。マスコミの人数の多さから、記録更新への期待やプレッシャーのほどが伝わってくる。

 集まった報道陣は、なんと40社100人にものぼるそうだ。

 対局に臨む藤井四段の姿を押さえようとカメラを構える報道陣が多いなか、「報道用には使えないような、対局者の背中と、取り囲む山ほどの報道陣を悠然と撮影するのが好き」と松本さん。

 これに対して「背中から物語を感じる」「藤井四段の気持ちがわかる視点を撮影したのは慧眼である」という声が寄せられた。また、「集中できるのか?」という声も上がったが、対局中は報道陣は入室を禁止している。

 次戦は7月2日(日)、竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段との対局。この連勝記録をどこまで伸ばすのだろうか?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?