0

 スーパーで買えるおもちゃといえば、お菓子に付属している小さな食玩を思い浮かべる人が多いだろう。近年は大人にも人気で、なかには「どちらがおまけなの!?」と思うほどのクオリティの商品も。

 現在Twitter上でも、あるスーパーで発見された食玩が驚きのクオリティだったと話題になっている。

 こちらは、AR(拡張現実)機能を活用した図鑑『学研の図鑑LIVE』のミニサイズ版で、チューインガムをセットにした「学研の図鑑LIVE ポータブル版」。

 本誌と同様に、ミニ図鑑の特定のページにARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」を起動したスマートフォンをかざすと、さまざまな3DCGが出現する。ミニサイズになっても、AR機能が付いているのは驚きだ!

 これに対しTwitter上では、「フィギュア製作に使えるかも」「さすが学研」と称賛の声が集まっているほか、「動物バージョンもほしい」といった要望も。

 ちなみに同シリーズは「人体」に加え、「恐竜」「魚」「危険生物」の3バージョンが発売されている。価格は300円(税別)。興味のある人はぜひチェックしてみよう。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?