2016年6月26日

ギョギョギョッ! “死んだ魚の目をした魚”が見た人の精神を不安定にさせると話題に

不気味だ…。
0

 魚は約2万もの種類があるといわれており、観賞しているだけで癒やしを与えてくれる。水族館へ行くと心が安らかになるという人も多いのではないだろうか。

 現在Twitter上では、精神を不安定にさせる魚が発見され、話題になっている。

 美しい赤色に目を引かれるが、よく見ると黒目がめちゃくちゃデカい…!! 普段、食卓でよく目にするアジやサンマは黒目が真円に近いが、こちらは縦長なのが特徴的だ。

 目に光がなく、まさに「死んだ魚の目のよう」という言葉がぴったり。

 これに対して、ねこぢるさんや阿部共実さんの作品など、目に光がないキャラクターを連想するTwitterユーザーのほか、「プリクラの女子みたい」といった声が集まっている。

 ちなみに、こちらの魚は「アカマツカサ」という名前の夜行性の海水魚。釣りで獲れることもある種類だとか。

 食べたら呪われてしまいそうなルックスだが、刺身や塩焼きにするとおいしいらしい。人間と同様に、魚も見た目で判断してはいけないということ!?