0

 家庭で出たゴミを処理施設まで運搬するゴミ収集車。日常生活ではあまり注目されることはないが、人々の生活を支えている重要な存在だ。

 そんなゴミ収集車のイベントが特別開催され、Twitter上で話題となっている。

 きっかけは、ゴミ収集車が好きだという投稿者の2歳の息子。そんな息子のために、母親である投稿者の妻は、ゴミ収集車の試乗イベントなどを調べていたという。

 そこで中野区役所に相談してみたところ、公園を使った地域住民向けイベントを特別開催してくれる運びとなったようだ。

 個人の問い合わせから、区の協力によるイベントが実現できるとは…。

 

 当日は、記念撮影やゴミ収集の実演、ゴミ分別クイズのほか、普段はゴミ処理施設でしか見ることのできない、貴重なゴミの排出シーンも披露されたという。これには投稿者の息子も大喜びだったのではないだろうか。

 ちなみに、中野区の公式サイトによれば、ごみゼロ推進担当と清掃事務所では、今回のイベントのようなゴミに関する地域活動を行っているとのこと。なんと「ごみ減量出前講座」は、夜間や土日でも対応しているそう! ゴミ問題に対する中野区の意識の高さが伺える取り組みだ。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?