2016年4月6日

2度目の桜満開!? マンホールの「けやきの木」が「桜の木」に大変身!

偶然が生み出したアート。
0

 お花見シーズンまっただ中。満開の時期を過ぎれば花びらが散りゆく寂しさはあるものの、散ってしまった花びらでピンク色に染まる地面を見るのも春の楽しみの一つではないだろうか。

 現在Twitter上では、散った花びらが思いもよらぬ「アート」を生み出したと話題になっている。

 上記は、ケヤキの木が彫られている神奈川県相模原市のマンホールのフタ。

 フタの溝に桜の花びらが入り込み、まるで満開の桜の木のようになっている。絶景かな、絶景かな。

 偶然が生み出した素敵なマンホールを眺めながら、2度目のお花見を楽しむのもありかもしれない。ただし、見とれて事故にならないよう十分お気をつけて。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?