0

 任天堂が1996年に発売し、一世風靡した家庭用ゲーム機「NINTENDO64」。その特徴的なコントローラーをどう握るかで、リアルタイムで遊んでいた世代とそうでない世代がハッキリ見分けがつくという。

 投稿者によると、ある絵師が描いた64のスマッシュブラザーズをプレイするイラストを見た時に、右手と左手で両端を持つ「ファミコンポジション」で握っていたことに衝撃を受けたそうだ。そして物心がついた時からゲームキューブで遊んでいる世代は、やはりその持ち方をするのだろうか? と続けている。

 これに対して当時、ドンキーコングやゼルダやマリオカートなどの有名どころをプレイしていた人たちは、当然ライトポジションを使っていたという投稿が見られた。

 それに反してレフトポジションは使い方がピンとこない人が多いようだ。しかし数少ないレフトポジション推奨タイトルである、アクションシューティング「罪と罰」の存在を思い出した人もいた。

 問題の「ファミコンポジション」だが、知らない人はやはり、まずこちらで持ってしまうようだ。また同時期に発売されたプレイステーションを主にプレイしていた人も同意見であった。

 そして一つで三種類の持ち方ができる64コントローラーの形状に関しては称賛の声が上がった。

 なお、実際に現役小学生にコントローラーを持たせてみた人も見られたが、このような結果だったようだ。

 懐かしい思い出が尽きないこちらの話題。もし手元に64をお持ちの方はぜひ、若い世代にコントローラーを握らせて反応を確かめてみてはいかがだろう。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?