0

 いまからおよそ20年前に発売された家庭用ゲーム機プレイステーション。その本体を使ったこんなお洒落なリメイクはいかがだろうか。

 本体のフタ部分が文字盤に、そして電源ボタンでライトがつくようになっている。

 投稿者によると、電源ボタンを押す感覚が懐かしくてつい何度も押してしまうという。

 こちらは制作過程。中古のプレステを分解し、中の機材は破棄して外側を洗浄するそうだ。

 数字部分は一穴ずつリューターで穴をあけ、デザインナイフでバリを取るという手間のかかった仕上がりだ。

 実際にボタンを押す画像も投稿されていた。あの「カチ」っという動作音が記憶に残っている人も多いのではないか。

 なお中古のプレステ本体は、オークションサイトでも多数出品されている。気になった方はぜひ、ゴールデンウィーク中に“大人の工作”を楽しんでみては?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?