0

 「自己評価」が低すぎる人が、抱える問題点について考察したツイートが話題になっている。

 自己評価が低い人の一番厄介な点は「自己評価が低いから自分の言葉が説得力を持つとは思えないし、それを責め立てられるのが嫌」という理由で言い分を言わなかったり適当に流したりする。しかし、自分が本当のことを言わない割に、人が自分に対して何を言ったかは全部覚えているという。

 これに対し「自分が何を感じているのかには鈍感になるが、その一方で被害者数値だけが上がるということの怖さ」を感じるという意見があった。

 また「自己評価が低い人からでも、察することが出来る人なら言い分を聞き出すことができるが、もともと本当のことを言える人にとってはその行為が面倒くさい」という確信をついた感想も出た。

 投稿者はさらに「自己評価の低い人は扱いが面倒くさい」「かといって自分の能力以上の自信がある人も面倒」「自己評価の低い人はなぜか世界の中心は自分である」という3点について述べている。

 自分に自信を持つのはなかなか難しい行為だが、思い当たる節のある人も多いのではないか?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?