0

 ニューヨークで開催されているテニスの四大大会最終戦、全米オープン。6日に行われた準決勝で、日本のエース・錦織圭が世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を下し、決勝にこまを進めた。

 四大大会のシングルスでの日本人選手の決勝進出は男女を通じて史上初の快挙で、ネット上も錦織選手の話題で持ちきり。そんなころ、あの”ブレない新聞”が話題になっている。

 その新聞とは、神戸新聞社が発行している「デイリースポーツ」。同紙はネットユーザーから「虎の同人誌」と言われるほど、よほどのことがない限り一面は阪神タイガースの話題を掲載してきた。

 ところが、9月8日付の一面には「日本人初!決勝!錦織」の文字が…! 一面だけでなく2面、3面も錦織選手の話題。さらには「デイリー」の「ー」部分をテニスラケットにするなどこだわりも見られる。

 ”デイリースポーツ伝説”には、いろいろあるが、「なでしこジャパン」ことサッカー日本女子代表チームがワールドカップで優勝した際は、各紙がそのことを伝えるなか、デイリースポーツは「3連勝!ついにきた5割大手」とブラゼル選手の写真を掲載している。

 ブレない新聞をブレさせた錦織選手。決勝もぜひ、がんばってほしい! その時のデイリースポーツにも注目したいところだ…。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?