2014年6月11日

オーバーキャップ付きドリンクの正しいフタの使い方って? 

その発想はなかった
0

 コンビニやスーパーなどで売られているオーバーキャップ付きのドリンク。

 そのフタの画期的な活用方法がTwitter上で話題になっている。

 投稿者はボトルの下部分にはめ込み、水滴で周囲が濡れないように思いついたようだ。たしかにこれは役立ちそうなワザである。

 しかし、同飲料の販売元である森永乳業の公式サイトを確認するとオーバーキャップには、違う由来があるようだ。

 カフェの先進地、アメリカ・ワシントン州シアトル市では、エスプレッソコーヒーはアウトドアで飲むときの飲料とされていたとのこと。その際にオーバーキャップをつけて、店頭で販売していたことがきっかけになったそうだ。

 また、内側のアルミフタの保護、アルミフタをはがして飲用するときのカバー、穴を通してストローを刺しやすくするという利点もあるとのこと。

 コースターとしての利用を直接、森永飲料に問い合わせてみたところ「フタを取る際に指などを傷つける恐れもあるため、オススメはしていない」との回答が返ってきた。

 公認の裏ワザ! とはならなかったものの、投稿者が思いついたこの使い方。実践してみるのもいいかも?