2

 イトーヨーカドーが販売する「顔が見える食品。」で、生産地域の異なるきのこの生産者がなぜか同一の「玉木敏明」さんになっている、とTwitter上で話題になっている。

 野菜や果物などの農産物においてはとくに「生産者の顔が見えるように」といった取り組みがなされることが多いが、長野と北海道のきのこで生産者が同姓同名なんてありえない、といった声が寄せられていた。

 しかし、この問題にはカラクリがあった。「生産者」がイチ個人ではなくイチ企業(株式会社ホクト)であり、同社取締役の玉木敏明氏が「生産責任者」として表示されていたことで生じた「誤解」だという。

 私たち消費者も過敏に反応しがちだが、表示に関してもっと慎重に考えるべき時期に来ているといえるだろう。

コメント

ネヨ筑摩屋松坊堂 @chikumaya 2016年4月11日
工場長とか,工場の名物おばちゃんパートなら良かったのに.でもトラブル時に矢面に立つのが自分だから敢えて顔出したのか