2021年7月20日

おっぱいがないと寝ない0歳児にママ限界…パパが考えたまさかのぶっ飛びアイデアで寝かしつけに成功

やっぱり赤ちゃんは柔らかい場所が落ち着くのかも
0

Twitterに育児漫画やイラストを投稿しているサチコ@マユユ2y(@sachicomayuyu)さんは、娘さんが0歳児のときに起きた「いろいろ吹っ飛んだ話」の育児絵日記を投稿した。

「おっぱいがないと」「ママじゃないと」寝なかった娘さん。サチコさんのストレスも限界に達したある時のことだった。

娘を夫に託し、つかの間の休息をとったサチコさん。目が覚めると泣き声は聞こえてこない。様子を見てみると、なんとパパのふくらんだ胸に抱かれてスヤスヤ眠る娘さんが!

りっぱなパパの「おっぱい」で眠る当時0歳の娘さん

パパさんは胸にタオルを入れて、ママに抱っこされたときと同じ環境を作り上げていたのだ。確かにこれを見た瞬間、疲れも何もかも「いろいろ吹っ飛んだ」であろう。

Twitterユーザーからは「ママじゃないから…と諦めずに工夫して頑張ってくれるパパさんが素敵」「パパさん天才か!」など、サチコさんを休ませてあげようと、努力している姿を称えるコメントが集まっている。

この時の様子について、詳しい話をサチコさんからうかがった。

「おっぱい」のアイデアを思いついたのはパパ

「タオルのおっぱい」はご主人のアイデアでしょうか。また、娘さんが落ち着いて寝ているところを見てどう思われましたか。

これは夫のアイデアでした。正直なところ「え、これで良いんだ…?」とも思いましたが、これからは夫でも寝てくれるのではという希望が持てて嬉しかったです。

この後、娘さんはパパの抱っこでも眠るようになりましたか。

はっきりとは覚えていませんが、そこはやっぱり日によってさまざまです。ただ(私自身は)夫が寝かしつけられたことをきっかけに「お願いしてみようかな」という気持ちになったと思います。

娘さんは現在2歳になられていますが、今のパパとの様子は。

夫と娘は仕事の都合上、平日ほとんど顔を合わせません。なので実は、自我が芽生えるにつれ、より「ママがいい」と主張されるようになりました(笑)。それでもちょくちょく頑張って夫と寝てもらっています。いつか「パパとねんねしたい」と言って、夫を喜ばせてあげて欲しいです。

この出来事を娘さんに話す予定はありますか。

特に予定はありませんでした。でももう少し先、ではなく大人になってから、みんなでこの写真を見て一緒に笑えたらいいなと思いました。

サチコさんの娘さんのように「ママじゃないと寝ない」赤ちゃんは少なくない。もしお困りだったらこの方法を試してみてはいかが。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?