2021年6月25日

札幌の人気夜パフェ専門店から「ショートケーキの缶詰」が誕生!シェフにこだわりを聞いた

いつでも極上スイーツが買えてしまうなんて
1

Twitterに投稿された「ショートケーキの缶詰」が話題になっている。投稿したのは札幌の人気リゾット専門店Risotteria®GAKU(リゾッテリア.ガク)および夜パフェ専門店のシェフ、橋本学(@risotteria)さんだ。

「 ショートケーキ缶 」(900円)は容量330ml、高さは11.5cmの缶。パフェで使われる長めのスプーンで食べる

ツイートにもある通り「北海道の新鮮な生クリームをたっぷりに、シンプルにバランス良く計算したレシピを缶に閉じ込めた」というショートケーキの缶詰はいったいどう作られているのか。コンセプトや特徴について、橋本さんに直接伺うことができたので紹介しよう。

risotteria-gaku.netより。夜パフェ専門店は札幌・東京(池袋・渋谷・新宿)、大阪、福岡にも

「自販機で24時間買えるケーキを販売したい」

「ショートケーキの缶詰」を開発した理由は。

「24時間パティスリーのケーキを買える。深夜の時間帯、仕事終わりの人や飲み会の帰りおみやげにコンビニスイーツ以上のクオリティーのスイーツが食べたい人、プレゼントしたい人の為に開発しました」(橋本さん)

缶詰というと、多くは外側に紙が巻かれていたり缶に印刷されていることが多いが、ショートケーキ缶は透明。つまり外から見えるイチゴや生クリーム、スポンジはイラストなどではなく中身そのもの。グラスに入ったパフェを外側から見た状態に似ている。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GAKU inc./橋本 学(@risotteria)がシェアした投稿

外側から見るとケーキのイチゴが缶のデザインに見えました…実は透明なんですね。

「透明の缶に入れることで、断面がいつものショートケーキ同様に見せられます。さらに、缶にパンパンに詰めているので通常のケーキに比べ持ち運びしても崩れにくいです」(橋本さん)。

味も見栄えも素敵なショートケーキ缶は賞味期限は冷蔵で3日以内、意匠登録出願中とのこと。

ショートケーキ缶は東京・渋谷の「リゾットカフェ Risotteria.GAKU渋谷」にて、イートイン・テイクアウトが可能。また、札幌に2021年7月16日オープンする「パティスリー OKASHI GAKU」の店舗前に設置された自販機で販売される予定だ。

ショートケーキ缶のほかにもシフォンケーキが入った「ふわ缶」も

リゾットも缶入り。こちらもテイクアウト可能だ
記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?