2021年4月22日

一体何が…?うなだれつつシャワーを浴びる秋田犬の悲壮感がハンパない

シャワーは嫌だって言ったのに…
1

Twitterユーザーの飼い主さん(@Kainushi__)は、悲壮感を漂わせながらシャワーを浴びている犬さん(@inusan__)の姿を投稿した。ツイートは投稿からわずか3日で、18万以上のいいねを獲得している。

シャワーのあいだ顔をそらし、目を伏せる「犬さん」
カメラをさらに近づけても、やはり目を合わせてくれない

犬さんの表情からは果てしない悲壮感とともに怒りも伝わってくるようだが、シャワーを嫌がらずにおとなしくしている点は、賞賛すべきところだろう。

投稿を見たTwitterユーザーからは「もう何も信じないって顔してる...」「ご主人にお風呂は嫌だってあれほど言ったのに…」と犬さんの心情を代弁する声や、「シャワーをこの水圧で下からかけられちゃうとびっくりしちゃいますよ」「シャワーヘッドを肌に密着するようにすると少しは恐怖心少なくなると思います」とシャワーの角度や水圧をアドバイスする声が見られた。

トゥギャッチ編集部では、犬さんが悲しみの表情でシャワーすることになった経緯などについて、飼い主さんに詳しい話を聞いた。

「犬さん」は2010年1月生まれの秋田犬の♂

――犬さんの年齢と性別、お名前を教えてください。

犬さんは2010年1月月生まれの11歳、秋田犬の男の子です。
名前はありますがツイッターでは「犬さん」です。

――犬さんはお風呂(シャワー)のたびに、このような悲壮感漂う表情になるんですか?

日常生活のなかで、犬さんが一番嫌いなのがお風呂です。ただ暴れたり鳴いたりは一切なく、ただただ悲しい顔をします。秋田犬の中でも毛が長い種類なので濡れると見た目に悲壮感が出るというのもあります。

お風呂は嫌いだけれど、逃げない

――お風呂が嫌いなのに、おとなしく入ってくれるんですね。犬さんをお風呂場に誘導する方法を教えてください。

散歩から帰って、玄関から家の中への廊下にものを置いて塞ぎ、玄関の横のお風呂から呼ぶと渋々ながら自分で入ってきてくれます。良い子です。

しっかり洗わなくてはいけなくなった理由は?

――Twitterユーザーからシャワーの角度や水圧についてコメントがありました。

この日は公園の小川を渡ろうとして落ちて泥だらけになってしまったんです。「シャワーの水圧が強くてかわいそう」という反応がいくつか来たのですが、普段の定期的なお風呂と違って長い毛の奥まで染み込んだ泥をしっかり落とせないと危険だし、見た目の印象ほど悲惨な現場ではないので大丈夫です!

「水、コワイ!」「でも渡るよ!」
「やっぱり無理~!」「落ちちゃうよ~!」

――シャワーのあと、犬さんのご機嫌は復活しましたか?

お風呂が終わると普段通りです。普段もあまり機嫌が悪くなることはありませんね。
犬さん的に嫌なことがあった後は、嫌なのに頑張ったことを、たくさん褒めるようにしています。

不慮の事故(?)により、強めの水圧でシャワーされることになってしまった犬さん。シャワーが終わったあとにはきっと飼い主さんにたくさん褒めてもらえたことだろう。

お風呂嫌いだけれど逃げないタフな犬さん飼い主さんのほのぼのしたやり取りを引き続き見たい方は、Twitterアカウントをフォローしておくといいかもしれない。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?