9日前

シンエヴァ、下から見るか?横から見るか?未見の人向けに6つの履修ルートをエヴァおじさんが語る

金ローすら見逃してしまったという人にも捧げます
1

観る順とこのルートをたどる場合のメリット・デメリットを解説しよう。

ルート①

@evangelion_co より

いきなりだが、とりあえずシンエヴァだけ観るルート。 

【メリット・デメリット】

・「シンエヴァ観た」と言える

・本編の前にこれまでのダイジェストがあるのでなんとかなる

・TV版から観てもわからんことはわからん

・いちばんお金と時間がかからない

オススメ度☆☆☆

ルート②

ルート②は新劇から観始めるパターン。序→破→Q→シンエヴァへ。

【メリット・デメリット】

・王道っちゃ王道

・アマプラ(Amazon Prime)民ならリーチしやすい

・時間はけっこうかかる

・シンエヴァ楽しめる度は60%くらい(体感)

オススメ度☆☆☆

ルート③

ルート③はテレビ版から観始める、普通っちゃ普通のルート。

【メリット・デメリット】

・とにかく時間がかかる

・同じシーンを何度も観るはめになる

・一気に詰め込んでも混乱する

・テレビ版は1995年〜1996年放送のもの。さすがに絵柄に古さを感じる

オススメ度☆

ルート④

ルート④は旧劇1から始めてシンエヴァへと到達するパターン。

【メリット・デメリット】

・時間を節約できる

・繰り返しが少なめ

・過去のオタクのトラウマを追体験できる

・旧→新の違いがわかりやすい

オススメ度☆☆☆☆

ルート⑤

ルート⑤はコミック(貞本版)から。その後新劇→破:→Q:→シンエヴァへ。

【メリット・デメリット】

・コミック版でテレビ版〜旧劇をカバー

・旧→新の違いもわかる

・新劇場版から登場する真希波・マリ・イラストリアスへの理解が深まる

・時間とお金の調整がしやすい

オススメ度☆☆☆☆

ルート⑥

⑤まで出したが、もうこれしか楽しめる方法が思いつかない。

【メリット・デメリット】

・テレビ版から全部リアルタイムで楽しめる

・歳月を重ねないとシンエヴァは楽しみつくせない

・社会現象的なかつての盛り上がりも体験しておきたい

オススメ度:∞

最後にエヴァおじさんからひとこと

気になってるなら、いきなりシンエヴァでいいから難しく考えず、とりあえず観とけばOK!

みなさんのお役に立てば幸いです。