2021年3月10日

車の窓がそのまま凍る珍現象に長年の道民もビックリ!「むかわ町」について住民に聞いてみた

「世界一イイ感じのお寺」の住職が町の魅力を教えてくれました
0

北海道むかわ町に住む舛田 那由他さん(@mukawa00houjouj)が撮影した、珍しい自然現象をおさめた動画に注目が集まっている。車の窓が、今までにない凍り方をしていたというのだ。

窓を開ける前。つららが垂れてて寒そう
窓を開けると…ん?
窓を開けたのに窓がある。北の国ならではの二重構造か?
わっ、割れたー!!!
窓に穴があいたようにしか見えない

Twitterに投稿された動画は拡散され、8.3万いいね!を超えている。動画を見たユーザーからは「ガラスが割れた!!と一瞬思った」「一度見て意味わからなかった 二度見て意味わかった!!」と驚く声が上がった。

投稿主の舛田さんは「法城寺」というお寺の住職さん。お寺の鐘をライトアップしたり、DJイベントを企画したりと、お寺らしからぬ(?)ユニークな試みで町おこしに取り組んでいる。窓が凍った珍しさもさることながら、むかわ町がどんな町なのかも気になってきた。

トゥギャッチ編集部は、舛田さんに話を聞いてみた。

「世界一イイ感じのお寺」を目指して

むかわ町は、道央圏の南方にあり、札幌市や北海道の空の玄関である千歳市、海の玄関の苫小牧市にも近い。

画像はむかわ町公式HPより

ーーー窓が凍る前の寒さや気象について、これまでと違ったポイントはありましたか

雪と風と雨が入り交じる不思議な気候でしたが、気温はそれほど下がらなかったのがポイントだと思います。Twitterで大きな反響があって、 珍しい情報には価値があると改めて感じました。

窓が凍った他にも、樹木の枝が水でコーティングされたように凍る現象も見られたとのこと。

ジュンサイみたいでキレイ

―――法城寺ではお寺や町を盛り上げるためにユニークな試みをされているみたいですね。これまで、どのようなことをやってきたのでしょうか

夏祭りやジャズコンサート、カレーイベントなど、催しを通じてお寺が地域に親しんでもらえるように活動してきました。また、一昨年の北海道胆振東部地震の際は、臨時の託児所などを開き「困ったときに役に立つお寺」としての役割も果たしています。

カラフルに光る鐘。2018年に発生した北海道胆振東部地震で倒壊した鐘楼堂が再建され、ライトアップされる仕様に。
巨大トランポリンで飛べる寺

―――このような試みをやりはじめたきっかけや、SNSで積極的に情報を発信している理由について教えてください

発信力を持ち、多くの人に知られなければ良いことをしても伝わらないと思ったので、お寺と地元の復興や盛り上がりに一役買えればと思っています。 あとは趣味です(^^)

法城寺は、「世界一イイ感じのお寺へ!!」をキャッチコピーに掲げています。

自分で言うのもなんですが、ウチの檀家さんはお寺に対しての満足度がとても高い方が多いです。仏教的な考えでは他と比べることは良くないのですが、挑発的なコピーを使うことによって「ウチのほうが世界一のお寺だ!」と自負する僧侶がたくさん現れてくれたら、もっと世界が平和になるのではないかと思っています。

―――最後に、むかわ町の魅力を教えてください!

むかわ町には世界一のブランド力を誇るシシャモがあります。道外の方々が想像するシシャモより10倍美味しいです!そのほか「むかわ和牛」や「穂別メロン」といった美味しい食材と自然が溢れています。

千歳空港からも近く住みやすい街なので、田舎に移住したい方や、田舎に住みながらリモートで仕事をしたいと考えている方にとっても最適な場所だと思います。

さらに檀家以外の方も楽しめるイベントを開催する「法城寺」もありますので、ぜひ遊びに、移住しに来てください!

ししゃも寿司。10月から11月にかけてごく短い間しか食べることができない貴重な一品

美味しい食事に豊かな自然と利便性、街に寄り添うユニークなお寺があるむかわ町。舛田さんの動画をきっかけに興味を持った方は、ぜひ一度訪れてみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。