2021年3月7日

お掃除ロボット×ネコ!?リアルで奇妙な「人工猫」を生み出す作家に話を聞いてみた

知れば知るほど謎が深まる人工猫の世界
0

人工猫ウ -ArtificialCat-(@sacocho)さんがTwitterで発表した、「お掃除ロボットみたいなネコ」に注目が集まっている。何を言っているか分からないかもしれないが、とにかくモノを見ていただきたい。

猫のようなものが近付いてくる
猫のようなル〇バのような…
こちらを見上げてニャーと鳴いた

こちらはお掃除ロボットをベースに作られた人工猫の「バルンさん」。

白い羊毛フェルトに覆われた平たく丸いボディーに、リアルな猫の顔が付いている。滑るようにぬるぬるとこちらに近づいてきたかと思うと、こちらを見てニャーと鳴く。なんだ、この奇妙な物体は。

投稿を見たTwitterユーザーからは「びっくりした!!!本物の猫かと思った!」「what am i looking at(私は何を見ているんだろう)」「Kenapa bisa gepeng gitu😯(なんでそんなに平らなの😯)」と、世界各国から驚きの声があがっている。

人工猫ウさんは、こうした謎の人工猫たちを集めて「世界一癒されない猫カフェ」を開いているのだそう。

人類にはまだ早すぎるコンテンツ感がひしひしと漂う試み。作者はいったい何を思って人工猫を生み出したのか。トゥギャッチ編集部は、人工猫ウさんに詳細をうかがった。

次ページ:バルンさんが誕生した理由は? 仲間の人工猫たちも登場

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。