2021年2月10日

トゥギャッチ編集部選「お前よくぞそんな写真撮ってたな選手権」

トゥギャッチ初の読者投稿企画の結果発表です!
0

2021年1月上旬、Twitterで「#お前よくぞそんなもん撮ってたな選手権」というハッシュタグが流行った。文字の通り、「よくぞそんな写真撮ってたな」というレアな瞬間を収めた写真を投稿しあう企画だ。

この流行に便乗する形で、トゥギャッチでも「お前よくぞそんなもん撮ってたな」な1枚を募る選手権を開催した。トゥギャッチ初の読者参加型企画だ。

読者から投稿された、じんわり素敵な写真とエピソードの数々をご紹介する。

ぱっと見よくわからない写真でもOK

最初に開催の趣旨を説明したい。

「#お前よくぞそんなもん撮ってたな選手権」のハッシュタグには、プロのカメラマンの方なんかも参戦していて、一目で凄さが分かるクオリティの高い写真たちが次々と投稿され盛り上がっていた。

それらを眺めながら、ふと思ったのだ。世の中には「個人的にはスゴいと思うんだけど、スゴさが伝わりにくいから」という理由で投稿されなかった名写真がまだまだたくさん存在するのではないか、と。

そこで、トゥギャッチ編集部は少し趣向を変え「ぱっと見よくわからない写真でもOK」という条件で、ストーリー重視の写真を募集することにした。

撮影されたタイミングがレアな写真

さっそく、めくるめく「お前よくぞそんなもん撮ってたな」な世界をご覧いただこう。

まずは、撮影されたシチュエーションそのものがレアな写真シリーズだ。

イルミネーション点灯前の遊園地

井河たぬゃん@kensetu.hateblo.jp)さんの投稿から。 なにやら薄暗い遊園地の写真。いきなり凄さが分からない1枚だが、どんな写真なのか。

イルミネーション点灯前の遊園地(暗くて寒くてスタッフしか居ない)

なるほど!遊園地といったら基本的に開園中ずっとキラキラ賑わっているものだが、この1枚は夕暮れからナイトモードに入る前のわずかな隙間を捉えたレアな1枚と言えるだろう。

ぱっと見凄さがわからないけど「地味さ自体がレア」という、まさに本企画の趣旨にぴったりの1枚だ。

人の居ない駅と、満員のスタジアム

あまみやたきこ@takico_amamiya)さんが送ってくれたのは、写真左の、人がいない霞ヶ関駅

コロナ禍の最初の頃、ガラガラになった駅の様子はTwitterなどでもたびたび投稿されていたが、その時のものだろうか。

詳細を聞くと、2枚目の満員の新国立競技場の写真とともに撮影時の状況を教えてくれた。

駅の写真は2020年元旦、朝8時頃に撮影しました。

2枚目は、同日に開催された第99回サッカー天皇杯決勝の時に撮影したもので、同競技場の杮落としの試合でもあります。席を詰めて大声出して跳ねて歌う、コロナ禍寸前の試合でした。

最初に投稿した「無人の霞ヶ関駅」はこの試合に向かう途中で撮りました。

お分かりいただけただろうか。無人の駅と満員のスタジアムが撮影されたのは、コロナ禍の直前。つまり、2枚の写真は、コロナ禍以前の非常識(無人の駅)と常識(満員のスタジアム)を同日に収めた写真だったというわけだ!

今見ると、無人の駅が見慣れた風景で、満員のスタジアムが珍しい光景に映る人が多いのではないか。

撮影されたタイミングを考えると、世の常識と非常識が逆転する間際を捉えたとてもレアな写真と言えよう。

ビジュアルのインパクトが強い写真

続いて、あっと目を惹く写真シリーズ。

救急車…?

米田梅子(こめだうめこ)@umeruko)さんが投稿してくれたのは、救急車の写真…ではない?

救急車と見せかけて白バン。引き目で見て頂きたい。手前のガラスに入っている赤ラインがいい感じに重なって、奥に停まっている白バンが救急車のように見えます。

本当に一瞬救急車かと思ったし、柱のあたりで線が浮かんでいるように見えるトリックアートっぽい1枚でもある。

狙ってやってるわけでもないのに面白い、この企画にぴったりの温度感だ。

友達と間違えて来ちゃったやつ

さむ(向かい風の人)@samsam_jimiharo)さんが「友達と間違えて来ちゃったやつ」の一言とともに投稿してくれた写真には、家族の微笑ましいエピソードが隠れていた。

これは3年前に父と日光に行ったとき、観光地の玩具屋の屋台で撮った写真です。

ヘリコプターに紛れているトンボを見つけたのは父。楽しそうに笑っている父の姿が印象的でした

あああああ素敵!!!家族映画のワンシーンのような話だ。人はみな、大人の中に少年を見つけた時、心動かされる。

写真自体の面白さもさることながら、背景を知るとよりエモい1枚といえよう。

霊安室セット

みきぽ@_MKPO)さんが投稿してくれたのは、一目見てギョッとする1枚。これはいったいどういう状況なのか。

とある撮影スタジオに行った時、スタジオの片隅に置いてあった霊安室セットの写真です。

「霊安室セットってあるんだ…火曜サスペンスとかで使うのかな…」と思いながら、霊安室と書かれたシュールな札を見ていました。

撮影セットか!!!ノーヒントで「何の写真か考えてください」と言われても、この答えにはたどり着けないと思う。

ちなみに、スタジオにはほかにも取調室、刑事部屋など「光が少ない部屋でできそうなセット」があったらしい。エンタメ業界の舞台裏を知ることができる珍しい1枚だ。

次ページ:見えない物語を感じる写真

1 ・・ 4 次へ

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?