2020年12月17日

可愛らしさがほとばしる!秋田犬の血も引くゴールデンレトリバーがモフモフしていてぬいぐるみ感ハンパない

ずっとナデナデしていたい愛らしさです
0

北海道のペンションで暮らしているディッパーくん(@Dipper1114)は、2020年7月に生まれたオスの大型犬だ。

ディッパーくんは一見、ゴールデンレトリバーに見えるが、顔の両側に垂れた耳がフワフワしており、少し頭が大きめで少し違った雰囲気。飼い主さんによるとディッパーくんの母犬は純血ゴールデンレトリバー、父犬は秋田犬の血が混ざっているとのことで、独特の魅力が生まれた理由のひとつになっているようだ。

そんなディッパーくんの姿が投稿されたツイートには「かわいすぎる」「ぬいぐるみみたい」などなど、5.4万件以上のいいねが集まっている。

ディッパーくんの母犬は純血ゴールデンレトリバー、父犬は秋田犬の血が混ざっているのだそう
まっすぐ見つめる瞳…
「ハーイ!」とお手々をあげるしぐさもかわいい
名前の由来は北斗七星(Big Dipper)から

それにしても、画像からも伝わってくるモフモフぶりと、天真爛漫さは天性のものに違いない。そこで、ディッパーくんの画像を投稿している飼い主さんのご家族、MC.むっち (@CRF250L1114)さんに、ディッパーくんがやってきたいきさつなどを聞いてみた。

天真爛漫、でも観察力も高い

ディッパーくんと暮らすことになったきっかけは?

2020年7月に私の実家のペンションで飼っていたラブラドールレトリバーのキャンディが18歳で亡くなりました。家族を元気付けるためにも、私は新しい子がいないか探していたところ、たまたま富良野の牧場で「ゴールデンレトリバーの赤ちゃんのもらい手」の募集を見つけ、急いで連絡させていただきました。これがディッパーとの出会いです。

飼い主のご家族みなさんから見て、ディッパーくんはどんな性格ですか。

ディッパーの性格はとにかく人懐っこくて、呼べば誰にでも笑顔でシッポを振りながら寄っていきます。とにかく天真爛漫な性格だと思います。かと思いきや、人の動きをよく見ており、観察力もかなり高いと思う場面も多々あります。

お家には他の動物もいるようですが、ディッパーくんはどんな風に接していますか。

他の生き物は普段私の一人暮らしの部屋で暮らしてるのであまり関わることはありませんが、たまに実家に連れて行った際は興味深そうにジーッと見てることが多いですね。

ほんの1ヶ月前の画像と比べても、ディッパーくんがどんどん成長しているのがわかりますね。

成長に関しては本当に目まぐるしいですよ。私は1か月に1回程のペースで実家に帰省するのですが、そのたびにどんどん大きくふわふわになっています。

この間まで余裕だった抱っこも、もう重たくて私の息が上がり始めてます。最終的にディッパーがどこまで大きくなり、どんな成犬になるのか、家族一同楽しみにしています。


一般にゴールデンレトリバーの体重は30Kg程度、小学校低学年の子どもくらいほど育つ。気軽な抱っこはキビシイ

ディッパーくんの飼い主さんご家族は北海道鶴居村でペンションを経営しており、宿泊のお客さんからもなで回されて人気だそう。いつか釧路に旅行する機会ができたら、ぜひディッパーくんに会ってみたいものだ。その日が来るまではTwitterで成長を見守っていこう。

次ページ:たった1ヶ月でもこんなに違う!動くディッパーくんはこちら

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?