8日前

釣り界隈のウワサ「100均マニキュアでデコったルアーはよく釣れる」を釣り初心者が検証してみた

Togetter釣り同好会が検証しました
0

スプーン、「初心者には難しい」ってよ

11月初旬、一行は朝霞ガーデンに集合した。

閑静な住宅街の中に突如あらわれる巨大な釣り場。

朝霞ガーデンは、ルアーつきの釣り竿を貸し出していて(1本600円)、釣り竿を持っていない人でも気軽に釣りを体験できる

利用時間は、1日、6時間、3時間、ナイターと分かれており「短時間でサクッと楽しみたい!」という人も利用しやすい。今回我々は、3時間のコースで挑んだ。

5種類の池があり、ルアー・フライ・エサと、使う道具によって分けられている。

入場の手続きを済ませて、スタッフからレンタル釣り竿の説明を受ける。

 スタッフ「ルアー釣りやったことある?」

 鈴木「ありません!!!」

 スタッフ「じゃあクランクベイトからだな!スプーンは初心者には難しいから

 鈴木えぇっ!?!?

聞けば、スプーンは水に沈む分、変化をつけたりリールを巻く早さの調整が難しいのだそうだ。なんと!

ちなみに、クランクベイトは、先ほど紹介したエビ型のルアーの名前らしい。クランクベイトは、水に浮いて、リールを巻けば勝手に動いてくれるから、初心者ならこちらのほうが扱いやすいとのこと。

 鈴木「初心者はスプーン使わないほうがよいでしょうか?」

 スタッフいや、フランクベイトで竿の使い方に慣れてからスプーンをやってみるといいよ!

 鈴木「わかりました!ありがとうございます!」

スタッフさんの懇切丁寧なアドバイスを受け、いよいよフィッシングタイム。

いきなり釣果をあげるクランクベイトくん

ルアー専用池について、水の中をのぞいてみる。

手の届きそうなポジションにターゲットが

いるわいるわ!トラウト系のお魚さんたちが!!陸から見える範囲でも、魚影がひしめいているのが分かる。想像より魚が多くてびっくりした。

鈴木「それでは今から開始です。魚がヒットしたら手をあげて知らせてください

と伝えて、各々自分のポジションにつき、フィッシングスタート。

未経験の私は、最も釣り歴の長い三平氏に竿の投げ方から投げた後のオペレーションまで事細かに聞いた。始めてのことだらけでいろいろとあうあうしていると…

 三平「鈴木さん、鮎川さんが手あげてます」

 鈴木えっ、もう!?

駆けつけると、鮎川氏がさっそく魚とファイトしていた。

 鮎川来てる来てる!鈴木さん!タモをお願いします!

 鈴木「がってんだ!」

はい、1匹目ゲットー!!!

第一投は、管理釣り場で借りたフランクベイトの釣果。開始からわずか5分後のことである。「釣れやすい」という話は、本当のようだ。

用意したスプーンではないものの、撮れ高的に「1匹も釣れませんでした!」という残念な結果を回避できたのてホッとする。さぁ、負けずにトライだ!!

鈴木は竿の扱いに慣れるところから

鮎川氏が釣った記念すべき1匹目をリリースし、いよいよ私のターン。

 三平「意外と簡単にできると思うので、やってみてください」

 鈴木はっ、はい!

釣り竿を握って池の前に立つと、心臓がバクバクする

釣り竿ってメチャクチャ繊細そうだし、扱い方をミスって即壊しちゃったらどうしよう。ルアーも針ついてるし、変なところに刺さったりしたら怖いな。

さまざまな不安がグルグルうごめく中、初のキャスティングする様子がこちら↓

「片腕、負傷してんのか?」というくらい動きが堅いが、ルアーはなんとか池の中心に向かって飛んで行った。できた!できたぞ!

リールを巻くと、ルアーがだんだんこちらに向かってくるのが分かる。「ちゃんと釣りの動きが出来ている」ことにテンションが上がった。

時間が3時間と限られているので、各人、数回投げて感覚を確認したのち、持ってきたスプーンにつけかえることにした。ここからが本番だ。

一匹目、釣れた…?

ルアーをスプーンに変えてからは、黙々と釣りにいそしむタイムに突入した。

無心で釣りを楽しむメンバー

竿を振り、ルアーを投げ、ゆっくりとリールを巻き、回収する。これをひたすら続ける作業である。

だんだん動作にも慣れてきて、静かな水面を眺めながらリールを巻く時間がとても心落ち着くことに気づいた。これもまた、釣りの魅力の1つなのだろう。

肝心のスプーンの感触はどうか。これがなんと、だいぶ反応が良かった

 鮎川「あっ、今食べたっぽいんだけどな」

 加瀬「あー!逃げた」

メンバーから、ポツポツこんな声があがる。私も同じく、竿の先に「ブルッ」と魚がつついたような振動を感じることがけっこうあった。実際に、スプーンが水面下に見えるくらいのところで、魚がスプーンめがけて寄ってきている姿も目にした。

なかなか釣果はあがらないが、少なくとも、マニキュアスプーンが魚の興味を引いていることは確かなようだ。期待感が高まり、ただリールを巻く時間がますます楽しくなる。

1時間ほどして、鈴木の竿に異変が起きた

ん?なんかブルブルしてないか?

してる。確実にブルブルしてる。

あっ、来たかも!!!!

 鈴木三平さん、ヒットしました!どうしましょうどうしましょう!

 三平「巻きましょう!タモは私が!」

そこから先は、もうパニックである。魚が右往左往している引きを感じながら、夢中でリールを巻く。だんだん、大きな魚影が見えてきた。

魚が近くに来ても、わたわたしてしまう

「おお!釣れてる釣れてる!…ん?

よく見たら、なんか魚の側面にスプーンがちらついてないか?

 三平「あっ、これは魚の体にルアーが刺さってるパターンですね」

 鈴木あっ、そっち!

どうやら、スプーンに喰いついた訳ではないようだ。ただ、魚の体に偶然刺さるような速度では巻いていないので、喰いついたものの何かの拍子で外れて、体に刺さった感じだったんじゃなかろうか。

割と大きな魚だった。速やかにリリース

判定が微妙なところだが、とにもかくにも1匹の釣果をあげた。ひとまず、私のミッションは達成。さぁ、あとは気楽だぜ!

マニキュアデコルアー、ちゃんと喰われる

その後、釣果があがらない時間が続いた。

 鮎川「うーん喰わんなぁ。でも楽しいですね。時間があっという間に過ぎていく

 加瀬「ラメ蔵(スプーンの名前)のデザインが悪かったのかな」

「スプーンを水に垂らすだけ戦法」を試す加瀬氏

そんな話を尻目に、白熱した戦いを続ける男がいた。ベテランの三平氏である。

他の3人のスプーンがなかなか喰われない中、三平氏は何回も「あと一歩」の成果を出していた。

 三平来ました!

 三平あっ、食べました!

三平氏が興奮まじりにリールを巻き、鈴木がタモを用意する。

喰いついた魚が近くまで見えるようになると…

確かにスプーンを喰っている!

しかし、タモに入れる直前で逃げてしまうことが続いた。

ニジマス「あばよ!!!!」

 

 三平「ああ!また逃げられた!悔しい!」

 鈴木「いやでも三平さんのデコルアー、しっかり喰われてますよ。これはもう釣ったと言ってもいいのでは

 三平「いや、ここまで来たら絶対タモに入れたいですね!ああ悔しい!」

三平氏の体に釣りキチの血がしっかり流れているのが分かった。

次ページ:終了間際にラストのヒットが!