2020年9月3日

新幹線の終電10分前、窓口に駆け込んで切符を買ったら駅員さんの「プロの仕事」にしびれてしまった

JR東日本・福島駅で起きたドラマです
5

Twitterユーザーのkame(@kinematic_kame)さんがJR東日本の駅で駅員さんによる「プロの仕事」を体験したというエピソードを投稿した。駅員さんの心遣いに称賛の声が続出している。

ホームに停まった新幹線
神業を目撃した瞬間の1枚

JR東日本の福島駅で東京行きの新幹線の最終便を逃してしまいそうだったkameさん。窓口で「東京まで片道1枚」と告げると、駅員さんが爆速で用意してくれたのは「隣に他人が座らない、7号車」の切符。Kameさんは階段を駆け上がりホームに着くと、目の前に停車していたのは7号車の車両だったのだ。

投稿を見たTwitterユーザーからは「何も言わずに階段前の車両の座席を用意してくれるのすごい」「短時間でこの気の回しよう。なかなかできることじゃないよ」など、駅員さんの配慮を称える声が集まっている。

素早く的確な対応と心遣いを見せてくれた駅員さんに、拍手を送りたい。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。