2020年8月9日

警視庁警備部災害対策課が教える、使い捨てマスクのゴムで耳が痛くならない方法が役立ちそう

家にある材料で簡単にできちゃいます!
0

警視庁警備部災害対策課のTwitterアカウント(@MPD_bousai)は、使い捨てマスクをかけると耳が痛くなる人のために、身近な材料を使って「痛くならないマスク」にする方法を投稿した。

使い捨てマスクの加工説明
柔らかいコットンをクッション代わりにして、耳に当たる部分の痛みを軽減

その方法とは、マスクのゴムにコットンを巻きつけ、両端を紙テープで止めるというもの。耳にフィットする箇所にコットンの位置を調整すると、細いゴムが食い込むのを防げる。また、コットンの代わりにティッシュペーパーでも代用できるという。

Twitterユーザーからは「子どもの耳が赤くなっていたから、さっそく試してみます」「手先が器用なら、糸で止めるのも有り?」などの反応が上がっている。

マスクをつけ続けると、耳が痛くなって気になるという人はぜひ試してみては。