2020年7月17日

警視庁警備部災害対策課がカセットコンロでご飯を炊いてみた「いざという時のための体験は大事」

災害時のために一度は経験しておきたい
0

警視庁警備部災害対策課のTwitterアカウント(@MPD_bousai)は、災害時にライフラインが泊まったときを想定して、カセットコンロで米2合を炊いた様子を投稿した。

警備部災害対策課によるカセットコンロ炊飯
カセットコンロでご飯を炊いてみた過程


用意したものはカセットコンロ、鍋、米、ペットボトル(2リットル)の水。やってみた結果、水はお米を2回といで、炊飯に利用した分を合わせると1.5リットル使用、炊けるまでに1時間かかったとのこと。


投稿を見たTwitterユーザーからはさまざまな意見があり「アイラップなどの湯せん調理が可能なポリ袋と無洗米を使えば水は節約できますね」「飲料水が足りないならお茶やジュースで炊いても」といった声が届いている。


投稿者は「いざという時のため経験しておくことは大切ですね」としている。いざという時のために、慣れないカセットコンロでの調理や湯せんでの炊飯方法などを一度体験しておくのも災害への備えになるはずだ。