2020年7月10日

コンビニのレジで「エコバッグあります」と言いながら違うものを広げてしまった話に「ドンマイ」の声

エコバッグと素材感が似てるゆえに起きた悲劇
0

Twitterユーザーの麦の(@mgsyu3)さんは、コンビニにエコバッグを持って出かけた日の絵日記を投稿した。レジで起きた出来事に13万件以上のいいねと共感の声が集まっている。

カッパでした

レジで麦のさんが意気揚々と「エコバッグあるんで」と言って広げたものは、実はカッパだった。突然訪れた気まずい瞬間に、店員さんと麦のさんは「カッパですね」という言葉を繰り返すしかなかった。

投稿を見たTwitterユーザーからは「『ほめてほめて』のときの眼キラッキラで好きですw」「レジ打っててこんなお客さん来たら大好きになっちゃいます」などの感想が届いている。

そのほか、エコバッグだと思って持参したものが「エプロン」や「レジャーシート」や「可燃ゴミの袋」だったという同様の体験談も複数人から届いていた。

麦のさんは絵日記で「もうあのコンビニ行けねぇ~」と締めくくりつつ、後日同じコンビニに行ったところ、店員さんに「カッパの人」として認識されている様子はなかったそうだ。お店にとってはわりとよくあることなのかもしれない。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。