2020年7月7日

ダイビング歴18年のダイバーが海で遭遇してサメやクジラより興奮した相手は「ポケットピカチュウ」だった

発売から約22年後、海底で見つかるなんてエモすぎる…
1

静岡県伊東市富戸のダイビングショップ「城ヶ崎インディーズ」でインストラクターをしているtakuya(@takuya_sea)さんは、18年のダイビング経験の中で「一番叫んだかもしれない」という海底での遭遇についてTwitterで報告した。まさかの出会いに、なつかしがる声や「自分のものかもしれない」という声が続出している。

海底のポケットピカチュウ
ボタンも液晶も取れてるけど、これはまさしく…!

なぜか伊豆半島の脇の浜の海底に横たわっていたのは、1998年に発売された歩数計型ゲーム「ポケットピカチュウ」(以下、ポケピカ)。子どものころにポケピカで遊んだ世代のtakuyaさんは、なつかしすぎて大興奮したらしい。

投稿を見たTwitterユーザーからは「かつては誰かといろんなところを歩いてたポケピカと海の底で出会ったと思うと感慨深いですね」「昔ポケピカを川に流してしまったことがあるのですが…いやまさかそんなことありませんね」などの声が集まった。

takuyaさんは、ポケピカ以外にもサツマカサゴやクロスジウミウシなどと出会ったダイビングの様子をYouTubeで公開している。興味のある人はぜひ見てみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。