2020年7月3日

新聞を使った「脱臭術」を試したら古本のタバコ臭さがスムーズに取れてしまった

信じられないくらい簡単に出来ちゃう…!
6

Twitterユーザーの同人誌 「天皇を旅する本」 「まんが東京ご縁起めぐり」 ミサンザイ(@katsunomisanzai)さんは、購入した古本のタバコ臭さを消すため、知る人ぞ知る脱臭の裏技を試してみた。その結果、信じられないほどスムーズにタバコのにおいが消えたという投稿に、驚きの声と4万3000件以上のいいねが集まっている。

新聞紙が挟まった文庫本
文庫本に大量の新聞紙がはさまっている

投稿者が試した脱臭方法とは、「切った新聞紙を約5〜10ページおきにはさみこみ、数時間〜半日たったらとりかえる」というもの。投稿者の場合、これを3回繰り返したところすっかりタバコのにおいがとれたそう。

投稿を見たTwitterユーザーからは「そんな方法があったなんて!!とりあえず香水ふりかけてごまかしてたけど…根本的解決ができる!」「図書館司書の間では日常に行われてます。さらに周りをぐるっと包むともっとよいです」との声があがった。

なお、この方法は本の脱臭術を検索すると上位にヒットするほどメジャーなものらしい。古本のタバコ臭さに困ったとき、皆さんもぜひこのライフハックを使ってみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。