2020年6月16日

ツバメが通るたびに「エサちょうだい!」ヒナが親以外にもアピールするのは理由があった

何度でもぬか喜びするヒナたちがいじらしい…!
2

野生動物や虫の暮らしをSNSで発信している、FUMIHIKO HIRAI🐝昆虫スローの人(@uta_31)さんは、なんともかわいらしいツバメのヒナの動画をTwitterに投稿した。お茶目なヒナたちの様子や、意外と知らないツバメの子育てに注目が集まっている。

6羽のツバメのヒナたちは、近所にいる大人のツバメが巣の前を横切るたびに、エサをもらえると思って大騒ぎするという。これはよそのツバメを親と間違えているのではなく、両親以外のツバメも給餌してくれることもあるためだとか。

投稿者の平井さんによると、よそのヒナにエサをあげるツバメは「ヘルパー」と呼ばれている。撮影したこの巣では、巣を作っている途中のペアや抱卵している最中のペア、パートナーがいない個体などがその役割を果たしていたそうだ。

投稿を見たTwitterユーザーからは「真ん中のやつ、察してて草」「他の親もエサやりに来るんですね!知りませんでした、驚きました!」などの感想があがった。

平井さんが主催する団体「TokyoBugBoys」のホームページでは、ツバメのほかにミツバチやビロウドツリアブの飛翔シーンなども見ることができる。興味のある人は、野生の生き物の姿をとらえた貴重な映像をチェックしてみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。