2020年5月22日

好きだったはずの『セーラームーン』をけなし始めた私に母がまさかの反応…大人になった今あの真意がわかった

親の愛情にほろりときます…!
13

好きだったはずの作品をけなしはじめると…
お母さんの思いがけない反応が
お母さんが私をたしなめた理由がわかってきた

小学5年生のさざなみさんが「もうセーラームーンやめる」と口にし、作品をけなす発言をすると、お母さんはさざなみさんを怒鳴った。当時は怒鳴られた理由がわからなかったが、さざなみさん自身が親になった今、あの時のお母さんの気持ちが「少しだけわかった」のだという。

投稿を見たTwitterユーザーからは「いいお母さんだ…読んでて涙出た」「好きな物を大切にし続けられる、ということも家族から守られてることの証なんですね」と感動の声が相次いだ。

さざなみさんは、愛情たっぷりのコミックエッセイや育児漫画をTwitterに投稿している。興味のある人はぜひTwitterアカウントをフォローしてみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。