1000年以上前の歌へのわかりみが深すぎて...人生の最推し『万葉集』との出会いを描いた漫画がステキ

どの歌も心に刺さります…!
実録漫画 恋愛 推し マンガ 万葉集
3

自分の境遇と重なる歌にまた出会った!
『万葉集』には多種多様な歌が収録されている
晴れて『万葉集』が人生の最推しに!

先生が教えてくれたのは、切ない「恋人を待つ歌」。投稿者自身の境遇と重なり、すっかり万葉集に魅了されたのだった。

なお、漫画の2ページ目に「天(てん)の火もがも」とあるが、正しくは「天(あめ)の火もがも」だそう。

投稿を見たTwitterユーザーからは「1000年前の人と感情を共有するって凄い」「万葉集読んでみたくなりました」などの声が寄せられた。

投稿者はTwitterアカウントnoteで育児漫画などを投稿しているので、気になった人は要チェックだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

あわせて読みたい

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?