2020年4月16日

兄弟ゲンカ対策に作った「やさしくなれるテント」がめちゃくちゃ仲裁に役立つらしい

インタビューで魔法のような効果が明らかに!
2

Twitterユーザーの今こっち(@gororin_dararin)さんは、小1と年中の息子さんの兄弟ゲンカ対策のために「やさしくなれるテント」を作った。これを投稿したところ、Twitterユーザーからは「うちも作ろうかな…」「さっそくマネさせていただきました!効果てきめんでやさしくなって出てきました」との声があがっている。

テントだ!
注意書きが貼ってある

やさしくなれるテント

  • ここには1人しか入れません

  • 怒ったり、泣いたりしたら、入ります

  • 出てくると、不思議なことに、とても優しくなっています

  • 2人で入りたいときは、順番です

トゥギャッチ編集部は、このアイデアが浮かんだ経緯などについて今こっちさんにうかがってみた。

――このテントを作ろうと思ったきっかけは何でしたか?

休園休校で子どもたちの体力、ストレスがどんどんたまってケンカの頻度と激しさがひどくなり、仲裁に疲れて作りました…(笑)

――「やさしくなれるテント」の発想はどこから来たのでしょうか?

クールダウンのためなのですが、昔でいうお仕置き部屋みたいなのは嫌だったので、それなら子どもたちが好きな魔法を利用して、面白くできないかなーと。自主的に入って自力で気持ちを切り替えて出てきてほしいという思いから作りました。

――テントを初めて見たお子さんたちの反応はどうでしたか?

テントというだけで大喜びでした!さっそく入ろうとしたので、一緒に説明を読み上げて、そのときがくるのを待ちました(笑)

――「2人で入りたいときは順番です」と書いてありますが、順番争いでケンカしたりはしませんか?

今のところないです!明らかにいけないことをした方に「今なにしちゃった?怒ってるね、魔法のテント行っていいよ」などと声をかけて、やられて泣いてしまった方はわたしの抱っこで待機です!

――お子さんたちは、このテントを使ったあと実際にやさしくなって出てくるのでしょうか?

魔法好きで単純男児なので効果はバッチリです!今までの仲裁は何だったのだろうというくらい、スッと泣き止みます。回数も減りましたが、もちろんケンカ自体はします(笑)

――本当に魔法のテントかもしれませんね…!インタビューへのご協力、どうもありがとうございました。

ちなみに、今こっちさんはボールプール用の小さいものを使って「やさしくなれるテント」を作ったのだそう。マネした人は、ぜひ効果をツイートしてみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。