2020年4月1日

会議中に寝てもバレないかも…3Dプリンタで作った「自分の顔のマスク」がリアルすぎる

肌の質感や眉毛まで本物そっくり
1

Twitterユーザーのララーシュタイン様(@silver_eel)さんは、3Dプリンタを使って作ったという自身の顔のマスクを撮影し、投稿した。

実物と比べるとクオリティの高さがわかる
マスクの下でウトウトしていてもわからないかも
シュールな光景

肌の質感なども細かく再現されており、言われなければマスクだと気づかないほどのクオリティ。3Dスキャンの精度が高すぎて、マスクを付けると呼吸が出来なくなってしまうというのは驚きだ。

投稿を見たTwitterユーザーからは、「3枚目が夜道にあったら気絶する」「バイクとかの盗難防止でも使えそう」などの声が寄せられた。

ララーシュタイン様さんは、ASEAN諸国の文化遺産をデジタル化する「ASEAN Cultural Heritage Digital Archive」プロジェクトに参加している。関心のある人は動画をチェックしてみよう。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。