4年目で覚醒!? 美大生の絵からわかる成長ぶりと急な方向転換にびっくり

この変化、予測不可能…!
卒業制作 卒業 美大 かわいい アート ゆるキャラ
3

以前、お父さんとインタビューに応じてくれたイラストレーターの湊谷 鈴🌸月曜日【D-45b】(@siratamairipafe)さんは、美術大学の在学中に制作した絵を披露した。4年間の成長と作風の変化に、驚きの声と6万6000件のいいねが集まった。

石膏像の鉛筆デッサン
リアルな百合の花(日本画)
リアルな魚(テンペラ・油彩)
かわいいサメ(日本画)

1年生から3年生までは写実的な絵だが、4年生ではかわいいゆるキャラが描かれている。グラフィックデザイン専攻だった湊谷さんは、基礎を身につける1年生〜3年生の間は周りの優秀な美大生たちに追い付こうと焦り、4年生になってやっと肩の力を抜くことができたのだそう。

投稿を見たTwitterユーザーからは「基礎が身についているからこその4枚の絵なんですね!!!」「4年間でやりたいモノが見つかった感じで良いなー」などの感想があがった。

湊谷さんは4年間の学びを終えた記念に、卒業制作の絵本『むりつむり』をクラウドファンディングで出版する予定だ。絵本を読みたい人は、2020年3月26日の締め切り前に支援しよう。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

あわせて読みたい

コメント

fullbocco @fullbocco_bokko 2020年3月19日
デッサンをしっかり学んで土台にしてるからこそデフォルメにしても絵が崩れないんだよね。