グラスだけが消えた!? iPhoneカメラのミスによる偶然の一枚がもはやアートだと話題に

氷山のような一杯が誕生
iPhone カメラ スマホ 写真 アート Apple
1

Twitterユーザーの大塩 雄馬 / 🔺YAMAP(@noramimi_yama)さんは、iPhoneのカメラ機能「ポートレートモード」を使って飲み物を撮影した写真を投稿した。芸術的な一枚に約4万件のいいねが寄せられている。

おわかりいただけただろうか…

グラスが底の部分を残して消え去り、飲み物と氷が立体作品のように鎮座している。背景をぼかして被写体を際立たせた写真を撮ることができる「ポートレートモード」だが、透明のものはうまく認識しないことがあるのだという。

投稿を見たTwitterユーザーからは「グラスの縁がボンヤリ溶ける現象は割と楽しんでましたが、ここまでのものは初めてみました」「これもまたおしゃれでいいですね」との称賛が相次いでいる。

大塩さんは、自身が撮った写真をTwitterのほかにInstagramにもアップしている。写真に興味のある人はいずれも要チェックだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

眠り金魚 @suiminLiar 2020年2月7日
おかわりいただけるだろうか…に見えた