0

Twitterユーザーのはるか(@oktj_)さんが「世界に一つだけの花」を演奏する動画が注目を浴びている。2本のリコーダーを鼻の穴にあて、鼻息だけで吹いているのだ。

はるかさんは鼻の穴に片方ずつリコーダーを当て、右手でメロディ、左手で伴奏を演奏している。途中で息苦しくなりながらも、見事に吹ききった。鼻からリコーダーを鳴らせるだけの量の息を出せるのは相当な訓練が必要そうだが、水泳部で3年間鍛えた賜物だという。

投稿を見たTwitterユーザーからは、「鼻の穴が2つあるのはこのためだったのか」「こういうことに人間はもっと時間を使うべき」など、関心する声が多く届いた。

高専生のはるかさんは進級を控えている。これからもすてきな演奏を聞かせて欲しいものだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?