「はがね科・和名 ヘアクリップ」子どもの宝物を標本ラベルで分類するアイデアがエモすばらしい

子ども時代の良い思い出になるかも
宝物 標本 ライフハック 子ども 子育て
1

Twitterユーザーのmghnsos(@mghnsos)さんは、娘さんが拾って集め、自ら分類した「宝物」の写真を投稿した。フリーダムな宝物の標本がすばらしいと注目を浴びている。

学名が本格的などんぐり
ユニークな分類のヘアクリップ

図鑑に載っているものは学名まで正確に、そうでないものは自分で創作して標本ラベルを書いているため、ユニークな分類になることも。

親である投稿者は、「同じ種類のものは毎月厳選する」など、残し方や保管方法に考えをめぐらせていた。

投稿を見たTwitterユーザーからは「すごく良いアイディアですね!何年経っても色あせない宝物になると思います!」「なんて愛おしい標本なのでしょう」と、好意的な感想が寄せられた。

昆虫博士になるのが夢だという娘さんは、ほかにも「釣りの重り」や「カタツムリの殻」などを宝物にしているそう。これらをどう分類するのかも、見てみたい気がする。

小さい宝物(未分類)の数々
センスを感じるラインナップだ
記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

あわせて読みたい

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?