2019年12月23日

渋谷の夜景スポットでカップルに被弾しつつ【クリスマス危険・安全地帯マップ2019ver】を作ってみた

平日だからといって油断して被弾しないよう注意が必要
0

クリスマス「安全地帯」は真の都会のオアシスだ

では、安全といえるような場所はどこなのか。クリスマスでも平穏な日常を送れるスポットをまとめました。

有楽町(千代田区)安全度90%

道に座ってビールを飲む人達がいて強い安心感を覚える

有楽町から徒歩1分。知る人ぞ知る立ち飲みスペース、通称「食安」は、どこか哀愁の漂う空間でクリスマスムードを寄せ付けない結束力さえ感じます。店内の酒の自販機に群がる人々や地べたに座ってくつろぐ人もいて、気持ちよさそうに飲酒しています。ざっと30人ほどいますが、女性は2、3人程度なので、きっとクリスマスアンチの同志が見つかるでしょう。ただし意気投合してきらびやかな銀座方面に出向かないようご注意ください。行くならサラリーマンの街、新橋が安心。

新大久保(新宿区)安全度60%

ナスコフードコートのチキンは1本100円、店の入口で買える

コリアンタウン新大久保には、韓国人だけでなく、多くのアジア人やアラブ人が生活しています。多国籍な街であるため、おかげでクリスマスムード一色とはなりません。また、駅から徒歩4分程度の通称・イスラム横丁にある「ナスコフードコート」では、1本100円でタンドリーチキンが食べられます。クリスマス気分を食欲だけでも満たしたいなら、これ以上のコスパのいい店はないでしょう。

小岩(江戸川区)安全度80%

普通に光り輝く通路だ

駅前にはいくつものパチンコ店が存在感を放ち、クリスマスムードとは程遠い雰囲気。しかし、駅の連絡通路「スカイデッキたつみ」に足を踏み入れると光の海が広がっていました。とはいえ様子を見る限り、ただの通り道としか扱われていないので、まったく問題ありません。

歌舞伎町(新宿区)安全度50%

安定しすぎている歌舞伎町

歌舞伎町がある東口方面ならまず安全。イルミネーション空間は存在せず、せいぜい区役所通りのしょぼいイルミネーションくらいで、クリスマスより俄然忘年会ムードのほうが強くなっています。しかし、南口方面には行ってはいけません。新宿サザンテラス、タカシマヤ タイムズスクエアなどでイルミネーションの光が放たれています。ただ、駅から若干隔離されている場所なので、避けて通りやすいです。

竹ノ塚・光の祭典(足立区)安全度40%

「光の祭典」とは竹ノ塚駅で開催されているイルミネーションイベント。さぞかし肩身が狭いだろう…と思いきや、地元のファミリーや中高生が多く、カップルを視界に入れずにイルミネーションを楽しめます。穴場スポットといえよう。

アメヤ横丁(台東区)安全度80%

何しろ店名が「ふれあい酒場」ですからね

イルミネーションに興味のない人は、アメ横へ。クリスマスは余所に任せたといわんばりのいつも通りの飲み屋街に、ホッとするはずです。アメ横の出番といえば、クリスマスではなく年末年始の買い出し。このタイミングで下見をしてみてもいいかも。

皇居(千代田区)安全度90%

青い空が広がる…

クリスマスとは無関係の皇居外苑なら、余計なことを考えず神聖な気持ちになれます。12月23日から年末年始のライトアップが始まり、幻想的な大手門の様子が見られます。思えば、クリスマスよりも、昨年まで祝日だった12月23日の天皇誕生日がないダメージのほうが大きかったかもしれません。

クリスマスというノイズにやられる前に、早く帰宅してくださいね。