0

Twitterユーザーの空白寺(@vanity_temple)さんが投稿する動物の写真はたびたび話題になり、トゥギャッチでも以前に紹介している。今回、会えるのは「一生に一度のチャンス」というアオザメを撮影した様子が話題になっている。

迫力のあるアオザメ
何ともいえない美しい色をしている
貴重な展示を撮影する人はほかにも

アオザメの展示は葛西臨海水族園にて、2019年11月20日から22日の間に行われた。なぜ「一生に一度のチャンス」なのかというと、外洋性のサメは水槽での飼育が難しく、水族館で展示されることはほぼないためだという。水族館の水槽の中でこうして泳ぐ姿を見られるのは、非常に貴重な機会なのだ。

なお、空白寺さんは「会社に行ったら席がないかも」と冗談めいたツイートをしていたが、出勤すると上司から「サメ太郎」と呼ばれたそうだ。

アオザメは、サメ類の中では最速のスピードで泳ぐという

投稿を見たTwitterユーザーからは「上司『フカい意味はない』」「その程度でシャークに触るような上司とは思えんなw」と、サメ関連のダジャレが続出していた。

11月22日の朝、アオザメの展示は終了した。貴重な姿をこうして見ることができたのは空白寺さんの上司のおかげなので、我々も感謝したいところだ。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?