0

Twitterユーザーの夏目にゃろ(@Natsume_NYARO)さんが投稿した、「メイク用のパフやスポンジを干すときに台所用水切りネットを使う」という裏技が注目を浴びている。

スポンジやパフを1つずつネットに入れて干す

パフやスポンジを直接洗濯バサミではさむと跡が付いてしまい、メイクの仕上がりにひびくこともある。洗った後は「台所用の水切りネット」に入れて干せば、万事解決。形を崩さず乾かすことができる。

実はこの裏技は、小さいぬいぐるみを干すときに編み出したという。水切りネットに入るサイズの物なら何にでも応用できるかもしれない。

投稿を見たTwitterユーザーからは、「天才現る…マジで困ってたので助かりました!!!」「早速やります!」と感謝の声があがった。

そのほかに「ティッシュの上に放置して乾かす」派の意見も寄せられたが、ペットなどに持ち去られて困るという場合は、ぜひ台所用水切りネットを使ってみよう。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?