7

写真家のKeiichiro Yasugi / 矢杉佳一郎(@KeiichiroYASUGI)さんが撮影した京都の「妖怪パレード」が、仮装のクオリティが高すぎるとTwitterで話題になっている。

行進する妖怪たち
リアルすぎる鬼女
骨のディテールが凝っている骸骨
中の人の目すら見えない。本物では?

京都市上京区の大将軍商店街では、妖怪仮装行列「一条百鬼夜行」が毎年10月の第三土曜日に開催される。これらの画像はそのときのもの。鬼や骸骨など、日本古来の「妖怪」たちが行進する様子は圧巻だ。

この商店街を含む一条通には、実際に「付喪神」と呼ばれる妖怪たちが行進した伝説が残っている。大将軍コミュニティホール2階には妖怪に関する書籍や資料を集めた「百鬼夜行資料館」もあるというので、妖怪好きなら一生に一度は訪れてみたい。

暗闇に光る目
雰囲気がありすぎる
多種多様な妖怪が練り歩く
大盛況の商店街

投稿を見たTwitterユーザーたちは「この中に本物が混ざっているかも!」「お写真もいいですが実際に見に行きたい!!」と盛り上がっていた。財政難らしいが、どうにか来年以降も続いてほしい。

投稿者の矢杉さんはフリーランスのフォトグラファーだ。矢杉さんの写真に興味を持った人は、インスタグラムのほかに公式サイトもチェックしてみては。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

散歩者 @etorannzelove 2019年10月25日
京都でこんな本物っぽい(本物かもしれない)妖怪パレードがあったとは!見に行きたい!
Leo(同和利権・皆で晒せば・怖くない...かも) @Bakatin1937 2019年10月27日
本物が紛れ込んで、人間との交流を愉しんでたりして。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2019年10月30日
京都の人以外は「たいしょうぐん」(「た」に濁音なし)が読めない。私も耳で聞いたとき「対象群」としか認識できなかった。