0

Twitterユーザーの魚交(@shark_ishi)さんが海上自衛隊のイベントで見つけた「救命胴衣の着用方法」を説明する画像に注目が集まっている。

説明を読んでいたはずなのに、腕に目を奪われてしまう

この画像は2019年10月に行われた海上自衛隊のイベントで一般公開されたイージス護衛艦「こんごう」にあったもの。服の上から救命胴衣を着けていたモデルが、最後の一枚では鍛えられた両腕を見せている。ボディビルダーへの掛け声である「ナイスバルク!」と言いたくなるような立派な筋肉だ。

投稿を見たTwitterユーザーからは「救命胴衣を着るだけでこんな鍛え上げられた体に!」「筋肉重いから胴衣は必須だね」などといった声が集まった。

こんな説明なら、つい足を止めて読んでしまうこと間違いなしだ。実際に護衛艦や潜水艦を見てみたい人は、海上自衛隊のイベント情報をチェックしてみよう

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?